マーケティングリサーチの求人を効率的に見つけるには?

マーケティングリサーチ求人TOP >> マーケティングリサーチの基礎知識 >> 求人の探し方

マーケティングリサーチの求人を効率的に見つけるには?

マーケティングリサーチは、非常に注目されている仕事です。食品メーカーや広告代理店に社員として所属し、自社のために市場の情報収集を行なうマーケティングリサーチの仕事もありますし、マーケティングリサーチ専門の会社に所属し、クライアントの求めに応じていろいろな市場調査を代行する仕事もあります。

いずれにせよ成熟した日本社会で物を売りサービスを提供するためには不可欠の存在なので、人材のニーズは常にあります。そこで今回は、マーケティングリサーチの仕事をしたいと思った場合、どうやって求人を見つけるべきなのか、考えてみたいと思います。

■マーケティングリサーチの求人は転職支援サービスで探す
結論から先に言いますが、マーケティングリサーチの求人は民間企業が運営する大手転職支援サービスで探した方がいいです。その理由は簡単で、求人が探しにくいからです。探しにくいとは少し説明が必要ですが、

1、 同じ業界でもマーケティングリサーチの機能を自社で持っている企業と持っていない企業がある
2、 マーケティングリサーチの専門会社は、日本マーケティングリサーチ協会に正式加盟している会社だけでも134社ある



どの会社が自社にマーケティングリサーチ部門を抱えているのか、その点の情報把握だけでもかなり大変ですし、マーケティングリサーチ専門の企業そのものも非常に選択肢が多いのです。

1、 同じ業界でもマーケティングリサーチの機能を自社で持っている企業と持っていない企業がある

例えば食品メーカーであっても、消費材メーカーであっても、自社にマーケティングリサーチの専門チームを持っている場合と持っていない場合があります。その違いは単純に会社の規模だけでなく経営者の判断も絡んでくるので、一概には見分け方を説明できない難しさがあります。

また、マーケティングリサーチの部門を抱えていても、自社の社員は少人数で大半を外部の専門調査会社に依頼している企業もあれば、自社にたくさんの人材を囲い込み、全てをまかなっている会社もあります。そうした違いを外部の人間が知ろうと思うとなかなか大変です。自分の希望する仕事ができるかどうかも分かりません。

2、 マーケティングリサーチの専門会社は、日本マーケティングリサーチ協会に正式加盟している会社だけでも134社ある

さらにマーケティングリサーチを専門で行なっている会社は、日本マーケティングリサーチ協会に正式加盟している会社だけでも134社あります。さらに準会員などを含めると数百社のレベルに達します。

会社規模も違いますし、得意とする調査にも違いがあります。付き合いのあるクライアントの種類も違いますし、どれもいろいろな個性があります。その中から自力で自分にあった会社を見つける作業は困難を極めます。

■マーケティングリサーチの仕事は転職支援サービスで
その点、民間の転職支援サービスに登録をすれば、いろいろな軸でマーケティングリサーチの求人を簡単にチェックできます。社内マーケティングリサーチの部門に入るのか、専門の調査会社に入るのか、日系企業に入るのか、外資系のコンサルティングファームに入り提案の作業に力を入れるのか、いろいろな選択肢を効率良く分類して提示してもらえます。非常に使えるサービスなので、利用を検討してみてください。

マーケティングリサーチの求人を効率的に探せる転職サイト!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 マーケティングリサーチ求人サイトランキング【求人探しに役立つ!】 All Rights Reserved.