マーケティングリサーチの志望動機のポイントは?

マーケティングリサーチ求人TOP >> マーケティングリサーチの基礎知識 >> 志望動機のポイント

マーケティングリサーチの志望動機のポイントは?

何の職業であっても、異業種から転職をするとなると志望動機には迷うと思います。特にマーケティングリサーチのように、いろいろな角度から志望動機を書けそうな職業の場合は特に難しいと思います。

そこで今回は、マーケティングリサーチの仕事に異業種から応募しようと思っている人に向けて、上手な志望動機のまとめ方を考えてみたいと思います。

■志望動機では「三方良し」を考える
本当は何の職業でも同じですが、マーケティングリサーチの仕事に応募しようとすれば、志望動機では「三方良し」の考え方を盛り込む必要があります。三方良しの考え方とは、(1)マーケティングリサーチの人材を募集している会社、(2)その募集に応募する自分、(3)さらには仕事を通じて恩恵を受けるクライアントや社会、全てに対してメリットがあると感じさせるような志望動機を意味します。

例えば「スキルアップをしたい」など、自分の都合ばかりを強調した志望動機は採用側にとって何のメリットもありません。逆に「自分の成長などどうでもよく、会社のためだけに尽くしたい」というような志望動機はうそ臭くなります。自分でもなく会社でもない、「社会に貢献したい」と書く志望動機は、肝心の利益を生むという発想が抜けています。

「自分」と「会社」と「社会(クライアント)」、どれか特定のメリットを強調し過ぎると不自然な印象がありますし、逆にどれかが抜けても不十分です。「自分が前職までで身に付けた能力を土台にマーケティングリサーチャーとして成長をしたい」という個人的な動機と、「自分の成長が入社を希望する会社にもメリットになり、果てはクライアントや社会にまでいい結果をもたらす」という「三方良し」の視点を忘れないでください。

■自分一人でまとめられないなら、転職支援サービスやハローワークを利用する
「三方良し」の志望動機を自力で作れないと思うのならば、早めに転職支援サービスに登録し、履歴書作成を手伝ってもらう必要があります。ハローワークは場所や職員によって違いますが、民間の転職支援サービスならば、間違いなく履歴書の作成を手伝ってくれます。

面接の練習も合わせて行なってくれるので、異業種からマーケティングリサーチの仕事に移りたいと思った場合、積極的に転職支援サービスを利用するといいと思います。

また、マーケティングリサーチの求人はハローワークでなく転職支援サービスに出回る場合がほとんどなので、仕事探しの際に結局は登録する形になると思います。遅かれ早かれ登録をするはずなので、早々に登録をして履歴書作成などのアドバイスを担当者からもらうといいです。

マーケティングリサーチ求人も見つかる!サービス充実のサイト

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 マーケティングリサーチ求人サイトランキング【求人探しに役立つ!】 All Rights Reserved.