マーケティングリサーチの経験を活かしてキャリアアップできる求人

マーケティングリサーチ求人TOP >> 条件別マーケティングリサーチ求人 >> キャリアアップは?

マーケティングリサーチの経験を活かしてキャリアアップするには?

マーケティングリサーチの仕事はある意味で特殊です。情報を収集し、分析してそのレポートで顧客や社会に貢献する仕事なので、専門的な技術も知識も求められます。そのため未経験者の場合はまず業界に潜り込む努力をしなければいけませんが、逆にマーケティングリサーチの世界で経験を積み、それなりに仕事を覚えてきた人間は、どのようにキャリアアップをすればいいのでしょうか?

今回はマーケティングリサーチの世界でそれなりに経験を積み、ExcelのVBA解析なども一通り行なえるようになった人材が、どのようにキャリアアップを図るべきなのかを考えたいと思います。

■キャリアアップは基本的に同業を狙う
マーケティングリサーチの仕事を経験した人材であれば、キャリアアップの手段はいろいろとあります。経験を生かしてコンサルタントの世界に転職し、より提案活動に重きを置く方法もありますし、企業のマーケティング部門に転職して、企業の売上アップに貢献する方法もあります。

しかし、以上のような転職よりもマーケティングリサーチの経験者は、同業の大手に転職した方がキャリアアップに直結します。その理由は簡単で、マーケティングリサーチの仕事と他の仕事では求められる能力が違うからです。

■異業種は異業種
例えばマーケティングリサーチのキャリアを生かしてコンサルタントの世界に転職をしたとします。しかし、マーケティングリサーチの仕事ではリサーチ、集計、分析、提案までが業務でも、コンサルタントの場合はその提案をいかに実行させ、収益を出させるかの部分が評価の対象になります。企業のマーケティング部門も同じで、どの程度の売上アップに貢献したかが数字で問われる仕事になります。

もちろんマーケティングリサーチの仕事でも分析力や提案力が問われますが、最終的なクライアントの利益に関する決定的な責任は背負い込んでいません。極論を言ってしまえば、有益なデータを渡して「後は任せた」という仕事なのです。

問われる能力も評価される能力も全く異なります。異業種へキャリアアップを狙って転職する場合は、どうしても一からやり直す作業が出てくるのでキャリアダウンしてしまう可能性が高いのです。すんなりと異業種で活躍できるほどどこの業界も甘くはありません。もしもマーケティングリサーチの世界でキャリアアップしたければ、同業の大手を狙ってください。

■マーケティングリサーチ大手の求人は普通に出ている
現在は日本だけでなく海外のマーケットも含めて、大手のリサーチ会社はリサーチ対象をかなり拡大しています。そのため人材が不足しており、優秀なリサーチャーを常に求めている状況です。

そうしたニーズがある中で、経験や実績を武器に自分を売り込めば、今所属しているリサーチ会社よりもワンランク上へ転職も可能ですし、ポジションも年収も上がる可能性があります。

転職支援サービスなどで求人を探して、同業のワンランク上の会社、ポジション、年収を目指してください。特に20代、30代の人は異業種へ移るよりもマーケティングリサーチの世界をひたすら極め、マネジメント志向も高めた方が評価は高まります。マーケティングリサーチの世界でトップを目指してください。

経験を活かす!マーケティングリサーチの求人ならコチラ

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 マーケティングリサーチ求人サイトランキング【求人探しに役立つ!】 All Rights Reserved.