マーケティングリサーチ求人サイトランキング【求人探しに役立つ!】

マーケティングリサーチの仕事に転職するには?

マーケティングリサーチ職は人気の職業のひとつですが、転職活動は新卒の就活とは違い、働きながら限られた時間を使って準備を進めなければいけません。もちろん求人案件も日々変動していますので、好条件のマーケティングリサーチの求人を見つけてアプローチするにはタイミングが重要になってきます。

その点で『リクルートエージェント』などの転職サイトは大変便利です。専任のキャリアコンサルタントに任せておけば、マーケティングリサーチ・市場調査など自分の希望に合った求人が出た際にはいち早くピックアップして紹介してくれます。面接対策などの準備もしっかりバックアップしてもらえますよ。

マーケティングリサーチの求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細



マイナビエージェント 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細



DODA 無料 全国 株式会社インテリジェンス 詳細



マーケティングリサーチの仕事内容と求人動向は?

マーケティングリサーチはここ数年人気が高まっている職種のひとつです。消費者の様々な動向を調査・分析し、新商品やサービスの開発、改善に活かすのが、マーケティングリサーチの主な仕事です。マーケティングリサーチに携わる場合、メーカーに入社して自社商品やサービスの売上向上、改善に従事するパターンと、マーケティングリサーチ専門の会社に所属して、クライアントの要望に合わせた調査・分析・提案を行うパターンの大きく2つに分かれます。そのほか、広告代理店のマーケティング部門で、取引先の商品やサービスに関するリサーチを行うケースも想定されます。

マーケティングリサーチの仕事は非常に多岐にわたります。まずは要件定義です。現状を把握して課題点を把握し、調査票を作成します。その後、適切な手法で調査を実施し、データの集計と分析をしてレポートにまとめ、報告します。対クライアントの仕事の場合はプレゼンなども行うことがあります。トレンドに敏感で、好奇心が強い人、クライアントと円滑に接することができるコミュニケーション能力をもった人材が重宝される傾向があります。また、ポジションによってはコツコツとした資料作成や数値の分析なども必要になるため、地道な作業も好んで行える人、数字に強く、統計学や分析の知識がある人なども歓迎されます。英語力があると尚優遇されます。

マーケティングリサーチの求人は景気に左右されることが比較的少なく、不況下でも一定の需要があります。不況であればそれだけ、企業は自社の新商品やサービスをリリースする際の調査を慎重に行います。また、売上が思わしくない商品の改善につとめようとするからです。求人は、リサーチアシスタントや営業職などであれば未経験や第二新卒でも歓迎されることが多く、求人を見つけること自体はさほど難しくないでしょう。リサーチ業務の経験者、英語力がある人ならば、リサーチャーのリーダーとして転職で年収をアップさせることも可能です。

マーケティングリサーチには大変多くの手法があります。インターネット調査、電話調査、グループ調査など、案件に合った調査方法を行います。SNS上のリサーチに強いなど、特定の手法に特化した企業もあります。また、扱う商品やサービスも様々で、一般消費者が購入する商品や医薬品のメーカから、サービス業、官公庁などまでクライアントになりえます。会社によって特徴や強みが全く異なるので、マーケティングリサーチの求人を探す際は、その会社の特徴や募集のポジションを事前に下調べしておくことが重要になります。


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 マーケティングリサーチ求人サイトランキング【求人探しに役立つ!】 All Rights Reserved.